top of page

Genius Solution for SEMI-EQ. 

董事長(取締役会長)メッセージ

この1年間、聚賢研発(GENIIDEAS)は全従業員の努力により、サステナビリティミッションの推進において、実質的な進展を遂げてきました。環境、社会、コーポレートガバナンスの3つの側面から会社の現状を調査し、初のサステナビリティレポートを発行しました。当社はこれに基づき、サスティナビリティを実現するため、継続的な改善と最適化の道を歩み始めています。第一に、当社は最適化において「人材」への投資を最も重要なミッションとしています。従業員は企業の核となる資産です。人材の選定、育成、定着において、当社は過去1年間、工夫を凝らして継続的に外部の新規採用チャネルを確立するほか、社内の人材育成や定着にリソースを集中させ、それを当社のサスティナビリティミッションにおける最優先事項としています。


持続可能な経営とガバナンスの質を向上させるためには、会社のビジョンと文化に共感する管理職の育成が必要となります。2022年5月、私は社内に「聚智慧管理講堂」を開設しました。隔週でエリアマネージャークラス以上の管理職を自ら指導するほか、リーダーシップや管理について共有し、ビジョンや文化に関するコミュニケーションをとり、戦う理由やその価値を伝え、根付かせています。また、顧客サービスの品質向上とリスクマネジメントを連動させるため、7月から新入社員やプロジェクトサービススタッフ向けに、キャリアを問わない「進撃せよ!新人」と「工場内20分間リアルタイム教育研修(毎週)」を同時に開始しました。2つの育成研修とコース制度は、従業員の専門研修を強化し、お客様の経営リスクを低減するほか、一生懸命働くのは幸せのためであり、最終的には自分の利益となることを全従業員に明確にご理解いただくことを目的としています。これらの制度は現在も継続中で、常に深化されています。


私の価値観では「サスティナビリティ」は、形而上学的な信仰ではなく、数世代にわたり受け継ぎ、実践することにより、万物の生命、美しい環境、生活を維持しようとする姿勢です。それは、私たち自身が始めることであり、聚賢研発(GENIIDEAS)のサスティナビリティミッションもすでに始まっています。その道は平坦ではありませんが、当社は自身と互いの幸せ、地球環境のため、躊躇することなく、継続的に努力を重ねています。

董事長(取締役会長)

曾國強.png

サスティナビリティポリシー

2022年初頭、サステナビリティビジョンの経営理念を継続的に深化させるため、サスティナビリティ推進室を設立しました。サスティナビリティ推進室は動向情報と実例を収集し、業務執行部門と協力して会社の発展に適した効果的なポリシーを策定しています。その範囲には「サステナビリティ人材」「サービスの二酸化炭素削減」「環境への配慮」といった3つの持続可能な発展ポリシーが含まれています。また、各部門やサークルと共同でさまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを図り、サステナビリティビジョン戦略を推進しています。

コーポレートガバナンス

S__85737477_edited.jpg

社内のサスティナビリティ管理メカニズム

社内外のステークホルダーとの効果的なコミュニケーションを図るため、2022年に組織構造を刷新し、董事会(取締役会)直下に「サスティナビリティ推進室」を設置しました。CSO(チーフ・サステナビリティ・オフィサー)とサスティナビリティ担当マネージャーが温室効果ガスインベントリを作成し、各部門と連携してESGに関する各課題を戦略的に展開するほか、短期、中期、長期の持続可能な目標を策定し、実施しています。年次レビューとサステナビリティレポートの発行を通じ、ステークホルダーとの持続的なコミュニケーションチャネルを確立し、持続可能な発展の一致性と透明性を向上させています。


  ESGを実践し、それを日常業務に反映させるには、従業員がサスティナビリティの重要性に共感している必要があります。そこで、董事長(取締役会長)が自ら北部、中部、南部のオフィスを訪問してサステナブルの経営概念を伝え、中堅社員と上級管理職を対象としたESGに関する知識の研修を実施しています。

社会参加

聚賢研発(GENIIDEAS)は「社会から得て社会に還元する」という理念に基づき、高い理想があっても、個人でやり遂げるだけの力が伴わないうちは、さまざまな社会活動に参加することを推奨しています。力を一つにして企業の社会的責任の文化を内面化し、社会への還元という理念を実現しています。

DSC_6548.jpg

公益信託 - 生生不息教育基金

「公益信託-生生不息教育基金」は、聚賢研発(GENIIDEAS)の曾国強董事長(取締役会長)、陳勝標スーパーバイザー、廖佩君CCOの3名によって設立されました。子供のために献身する母親への感謝、万物を育む自然への無私の愛の推進を目的としています。聚賢研発(GENIIDEAS)は基金会と共同でさまざまな活動に力を注いでいます。

DSC_5524 (1).jpg

古着の寄付

聚賢研発(GENIIDEAS)は「農村の子供たちへの衣類寄付活動」を立ち上げ、会社の仲間に着なくなった状態のいい服の整理を呼びかけています。当社は幼児から中学生までの男の子の服と女の子の服を集め、クリーニングして整えた後、心を込めて農村の子供たちに届けています。

環境保護

聚賢研発(GENIIDEAS)はさまざまな実践活動を通じて積極的に従業員の環境問題に対する意識を向上させ、従業員にビーチクリーン活動への参加を呼びかけるほか、アースアワーに応じる活動を行っています。また、従業員が環境保護の意識を段階的に日々の行動に取り入れられるよう、週1回、サスティナビリティに関するニュースを共有しています。

_DSC1495.jpg

公益ビーチクリーン活動

近年、海洋が深刻な汚染にさらされているという情報を目にすることが多くなり、国内外の多くの人々が海洋環境への配慮と内省を始め、ビーチクリーン活動が盛んになっています。聚賢研発(GENIIDEAS)も初秋の涼しい時期、従業員と一緒に「竹北新月沙灘海洋音楽カーニバル」の公益ビーチクリーン活動に参加し、社会貢献を推奨しています。

bottom of page